【情報提供】 「心臓いきいき在宅支援施設」公募のご案内

更新日 : 2018年8月 2日

今年度も広島大学病院心不全センターより、広島県心不全患者在宅支援体制構築事業 「心臓いきいき在宅支援施設」公募について、情報提供がありましたので、次のとおり掲載いたします。
 
【広島県心臓いきいき推進会議より】
「心臓いきいき在宅支援施設」公募のご案内.pdf(PDFファイル)

広島県心臓いきいき推進会議は広島県の助成を受けて、平成23年度より県内の7医療圏に心不全診療の中核となる医療機関を設置し、心不全診療の質の向上を目指した体制づくりを行って参りました。本事業の成果の一部は、平成29731日厚生労働省保健局長発「脳卒中・心臓病その他の循環器病に係る診療提供体制の在り方について」においても取りあげられております。
  
平成29年度からは、新たに心不全患者を対象とする地域包括ケアの充実を目指した「在宅支援体制構築事業」が開始されました。住まい・医療・介護・予防・生活支援を柱とし、増加の一途をたどる心不全患者を共に支え合うネットワークを全国にさきがけて構築するため、地域の医療・介護関連施設を対象に「心臓いきいき在宅支援施設」を公募いたしました。その結果、事業に参画された施設は広島県内で病院16施設、診療所46施設、保険薬局77施設、訪問看護ステーション63施設、地域包括支援センター3施設、居宅介護支援事業所14施設の合計219施設になります。
 
・心不全患者の包括ケアに関する理解をさらに広げるため、今年度も昨年度に引き続き、「心臓いきいき在宅支援施設」を公募させていただく運びとなりました。募集等の詳細につきましては、以下、広島大学病院心不全センターのホームページをご覧ください。

広島県心不全患者在宅支援体制構築事業 「心臓いきいき在宅支援施設」公募のご案内
 URL:https://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp/sinryoka/chuoshinryo/shinhuzen/tiikirennkei